だがしかし無料動画のアニメ視聴方法は?感想と評価まとめ

だがしかし アニメ

今回は、「だがしかし」アニメを無料で視聴する方法についてまとめました。

 

他にも「だがしかし」のあらすじや感想もまとめてますので、アニメ視聴の参考にしていただけたらと思います。

アニメ「だがしかし」全話動画視聴方法

先に結論から、どこの動画サイトで動画を見ることが出来るかどうかをお伝えしたいと思います。

現在、動画配信されている動画サイトは、「U-NEXT」になります。

最新の配信状況は 公式サイトにてご確認ください。
U-NEXTについて
月額料金 1,990円(税抜
見放題+レンタル+1200ポイント
配信数 180,000本以上
無料トライアル 見放題作品が31日間無料+600円ポイント
画質 フルHD画質
同時視聴 4台まで
リアルタイム配信 あり(FOXチャンネル)
雑誌 70誌以上の無料雑誌を見ることが可能
ダウンロード機能 あり
「U-NEXT」は、最新の映画やドラマやアニメも高画質で広告なしで配信されてますし、雑誌も追加料金なしで見放題の作品があります。
無料期間中に解約した場合は、違約金もなく簡単に解約することが可能です。

「だがしかし」1期、2期全話視聴することが可能です。

U-NEXTでは、他にも動画が多数配信

  • ドラゴンボール
  • かぐや様は告らせたい
  • ご注文はうさぎですか?
  • ゆるキャン
  • 日常
  • 君の名は。
  • 天気の子
  • バンドリ!
  • ラブライブ!
  • ナルト

などが他多数の動画が配信されておりますので、映画のアニメも配信されてるのが特徴です。

【補足】本記事でanitubeなど違法動画配信を推奨しない理由

本記事でpandoraなどの違法動画配信での視聴を紹介しない理由は、下記のとおりです。

  • ウイルス感染リスクによる損害可能性が非常に高いため

違法ダウンロード行為は犯罪ですが、違法アップロードされている作品を視聴する分には今の所は罪に問われません。

 

それ以上に問題なのは、ウイルス感染による被害になります。

大手通信会社SoftBankの見解は下記の通りです。

PCでは、何年も前からトロイの木馬型ウイルスの被害が起こっているが、最近もウエブサイトにアクセスするだけで送り込まれるウイルス入りMIDIファイルが出現している。ウイルスは日々悪意に満ちた進化を続けているから、スマホだから大丈夫とはいえない。
出典:ソフトバンク

Twitterでは実際に被害に合われた声もあります。

被害

つい

 

万が一、ウイルスに掛かった場合の損失は計り知れません。

(例.携帯やPCが壊れた場合の端末代(~20万円)、決済情報を不正利用された場合の損害(計り知れません))

これらのリスクが高いので合法で安全な視聴方法のみを紹介してます。

だがしかし:動画配信サイト一覧

一番オススメは、「UーNEXT」ですが、既に無料トライアルを利用してしまった場合は、他の動画サービスを利用するのもありです。

動画サービス 視聴可 無料期間
U-NEXT 31日間 今すぐ視聴
FODプレミアム 14日間 今すぐ視聴
dアニメストア 31日間 今すぐ視聴
Hulu ✖️ 今すぐ視聴
Amazonプライム ✖️ 30日間 今すぐ視聴
ABEMAプレミアム 1ヶ月無料 今すぐ視聴
配信状況は随時変わりますので、最新の配信情報は各公式サイトにてご確認ください。

だがしかし:声優一覧

ポニーキャニオン
¥8,481 (2020/09/26 14:00:54時点 Amazon調べ-詳細)
(枝垂ほたる)竹達彩奈
(鹿田ココノツ)阿部敦
(遠藤サヤ)沼倉愛美
(遠藤豆)鈴木達央
(鹿田ヨウ)藤原啓治

だがしかしのあらすじ

田舎町で駄菓子屋を営む父と暮らす男子高校生・ココノツ。そんな彼の前に突然、ゴスロリファッションに身を包んだ美少女が現れる。枝垂ほたると名乗る彼女は、大手菓子メーカーの社長令嬢で、ココノツに駄菓子の魅力や最高においしい食べ方を熱く語り出す。

だがしかしの感想まとめ

アニメ「だがしかし」を視聴している方々の感想もまとめましたので、視聴の参考にしてみて欲しいです。

30代男性

この作品は漫画家を目指す駄菓子屋の息子・鹿田ココノツとその友人や駄菓子屋社長令嬢の枝垂ほたるらを中心として巻き起こる駄菓子話込みの一夏の物語です。

随所に出て来る駄菓子トークは良く調べられていて、王道のグリコキャラメルから最長麩菓子にして静岡限定のさくら棒、子供の格好付け雰囲気にもなるようなココアシガレット等様々な駄菓子を絡めて面白可笑しく展開されています。

時には学生時代相応の男女の反応を見せながら、こういう時代もあるよねと思い浮かぶような内容も含まれつつも、田舎の風情ありつつも交通網の少なさからなる不便さも感じる事ができます。

本人は駄菓子屋を継ぎたくないといいながらも、ほたるとの駄菓子対決では今までの人生経験から対応しては名(迷?)勝負を展開するココノツの時に熱い一面を見る事も新たな一面を魅せてくれます。

喫茶店の娘でココノツに淡い思いを寄せる遠藤サヤの、向き合いたくもどこか自身の兄とバカをやっている姿に呆れたりほたると対面して複雑な心境になったりする所は応援したくもなります。

駄菓子を気軽に買ってはのんびりと味わいオマケで楽しむ、そんな懐かしさを覚えながらも気になった駄菓子を手に取って買いたくなるような、そんな作品です!

20代女性

だがしかしは昔なつかしの駄菓子に重きを置いた、コメディーテイストなアニメです。
その駄菓子も実際に販売元の企業から許可を得て、菓子の名称や見た目もそのままアニメに使われているので、尚更親しみを感じるものになっています。

10代~30代のコメディーアニメ好きはもちろんのこと、40代以上の駄菓子好きだった年配の方も楽しめるような内容だと思います。

また、駄菓子自体の懐かしさとともに、当時流行った駄菓子の食べ方などもアニメの中に取り入れられているので、久しぶりに買って食べてみようかな~という気にさせられます。

そして駄菓子のみならず、めんこやけん玉など、昔の遊びも話の中に登場します。

20代の私からすると、めんこはやったことがないですし、興味もなかったのですが、このアニメを見ていると、案外面白そう!やってみたい!と感じました。

ストーリーもギャグ要素が強めの観やすい内容となっているので、流し見で観るのもありかなと思うくらい気楽に観ることができます。

 

特に、主要登場人物の一人である、枝垂ほたるのキャラの濃さと駄菓子に対する熱量の高さは、笑いを通り越して、さすがだなと感心してしまうくらい個人的には大好きなキャラクターです。

30代男性

タイトルにもある通り駄菓子を扱った面白い内容のアニメでした。最初はタイトルを見た時にどんな内容のアニメなのだろうと思っていましたが、駄菓子に対するうんちくや、こだわりなどといった物を熱く語っている所がくだらないけど、面白いという印象でした。しかも、本来ならばこのようなアニメに出てくる商品は架空の商品名で出てくると思うのですが、このアニメで出てくる駄菓子の数々は実際にある商品ばかりで見ていて懐かしいと思う商品ばかりでした。この作品を映像化するにあたっては、いろいろな菓子メーカーに許諾を取るのが大変だったろうなと制作側の苦労がにじみ出ていたと思います。駄菓子をメインに扱ったアニメではありますが、日常系アニメの要素もあって肩肘張らずに気軽に見る事の出来るアニメであったと感じました。程よくギャグシーンも合間に挟んできて、ギャグアニメ的な要素もあってかなり楽しめる内容に仕上がっていたと思います。たいして盛り上がる訳でもなくて、駄菓子についてのうんちくが多いシーンが満載のアニメではありますが、見ている側を飽きさせない絶妙なテンポがこのアニメの良さであって魅力だと思います。3期目もあると期待したい所です。

30代女性

シカダ駄菓子を舞台に大手菓子会社の社長令嬢枝垂ほたると田舎町にある駄菓子屋の2代目となる息子鹿田ココノツが毎回繰り広げる駄菓子の知識を争う駄菓子紛争が最大のみどころとなっている日常系駄菓子ギャグアニメです。

 

今アニメには誰でも幼いころに1度は食したことがあるであろう昔懐かしい駄菓子をはじめ、最新の駄菓子までとさまざまなジャンルの駄菓子が登場し、懐かしい駄菓子が多々でているためどこか懐かしい気持ちにしてくれます。

 

ちょっとだけ童心にかえることができ見終わるとほっこりした気持ちになります。また、駄菓子の知識を争う駄菓子紛争のシーンでは、あまり知られていない駄菓子の誕生ヒストリーやこぼれ話など駄菓子の知らない世界を細部まで知ることができ、極めることができるところも見どころの1つと言えます。

 

個人的な注目ポイントとしては、社長令嬢である枝垂ほたる役をけいおんなどの作品でおなじみの竹達彩奈さんが務め、主人公鹿田ココノツ役を妖怪アパートの幽雅な日常などの作品でおなじみの阿部敦さん、鹿田 ヨウ役をクレヨンしんちゃんなどの作品でおなじみの藤原啓治さんといった豪華な声優陣が名を連ねておりそちらも注目してほしいポイントです。

60代男性

「だがしかし」は鄙びた田舎の駄菓子店「シカダ屋」を舞台にした駄菓子をモチーフにした作品です。このアニメを見て最初に感じた事は「とにかく絵が綺麗!」という点でクレジットを見てみたらアニメ制作は手塚プロダクション。納得です。

 

登場人物は少なく主人公のシカダ屋の一人息子、鹿田ココノツとお父さんのヨウ。それに幼馴染の双子の兄弟、遠藤豆(とう)と遠藤サヤ、それに大手菓子メーカー・枝垂カンパニーの社長令嬢である枝垂ほたるの5人。お父さんのヨウはココノツに店を継いで欲しいと思っているがココノツは漫画家を目指して日々、修行中という設定です。

 

そこへヨウをスカウトに来た枝垂ほたるがやってきて、ドラマが始まります。このアニメは駄菓子、それも実在する駄菓子が次々と登場し、その駄菓子のエピソードが紹介されるなど「そういえば、こんなの売ってたなぁ」と昔懐かしくなる一方、遠藤兄弟を中心とするギャグや枝垂ほたるの強烈な個性が光る作品で主人公のココノツより周辺の人達のキャラクターが、とにかく面白く全体的に昔懐かしい光景と駄菓子が郷愁をさそう作品です。

 

私もこれを見て思わずビッグカツレツやブタメンを買ってしまいました。他にも沢山、同じような方がいらしたようで特にビンラムネ(ヨウの一番好きな駄菓子}は人気が急騰し製造も中止されているため入手困難という変な状態を巻き起こしてしまいました。

 

全体的にコミカル仕立てですが、時折ほろっとさせたりとドラマ構成も中々面白く必見の作品です。

だがしかしまとめ

一気見したい方は是非「U-NEXT」を利用してアニメ視聴してみてください。

 

色々、動画サイト使ってきましたが、ここが電子書籍の原作漫画も読めて、高画質だったので一番オススメです。ロゴとかも入ったりしてないしね。

原作コミックスも「U-NEXT」で読めます。

 

他にも様々なおすすめジャンルのアニメを紹介してます。

おすすめアニメランキング

→泣けるアニメ映画おすすめランキングはこちら

→美少女アニメおすすめランキングはこちら

→夏にみたくなるアニメおすすめランキングはこちら

→京都アニメーションおすすめ作品ランキングはこちら

→まんがタイムきらら系アニメおすすめランキングはこちら

→見ないと後悔するアニメおすすめ作品はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました