プリコネR12話感想とアニメあらすじ考察まとめ無料動画方法も

プリコネR アニメ

今回は、プリンセスコネクト!Re:Dive (プリコネR)12話の感想をまとめました。

 

→「プリコネR」のアニメを無料で視聴するなら

プリコネR11話のおさらい

寝坊をしてなかなか部屋から出てこないキャルを心配するペコリーヌ。何かあったに違いないと部屋に飛び込んだところ、キャルの大事にしていたぬいぐるみをボロボロにしてしまった。裁縫が得意なコッコロがぬいぐるみの修理を申し出るが、肝心の補修するための布が見つからない。さっそく街へ繰り出す彼女たちは……。

プリコネR12話のあらすじ

美味しそうな朝食が並ぶ食卓になぜかパンが用意されておらず憤るキャル。どうやら農村と市街とを結ぶ街道に強い魔物が住み着いてしまったようで、いろんな作物の流通が滞っているのだという。市場の人々の困った姿を目の当たりにしていたペコリーヌは、キャルやコッコロたちを伴って危険な討伐クエストへ挑むことに。

アニメプリコネR12話の感想

今回は少しシリアスな話でした。普段通り何気ない日常を過ごしていた、美食殿の面々は朝食の際に異変に気付きます。その日の食卓は目玉焼き。きれいな黄身に白身が万遍に広がっていて大変おいしそうでした。

 

しかし単体だと味気ないです。そう主食がありませんでした。主食のパン、目玉焼きにパンをはさんで食べるというのは朝食の定番です。

 

なのですごい嘆いていたキャルちゃんの気持ちが分かりました。そして早速食糧確保に向かう美食殿の面々、流石ここまで修羅場をくぐってきただけのこともあり、強大な魔物をしとめました。

 

そしてゆうきも着々と勇者としての自覚が芽生え始めてきた気がしました。そんな平和な日常回と思いきや突如強大な闇の魔物が出現します。なすすべがないキャル。ぺコリーヌが参戦するもキャルの足が石に絡まり、かなり危険な状態になります。

 

巨人がすさまじいパンチを繰り出したのですが、それを受けきるキャルがかなりすごかったです。しかしキャラぼまさかのアクシデントでぺコリーヌがかばう状態になってしまいました。かなりいたそうで、シリアスな話になってきました。

 

それでも懸命にキャルを守ろうとするぺコリーヌに少し感動しました。物語の中に国のお姫様の話が出ました。ぺコリーヌの覚醒が見れそうで楽しみです。

<個人的に面白かったところ>

個人的に面白かったところまとめ

頭脳派?キャルが魔物退治の囮役となって全力疾走

いつも見ている人ならご存じのキャル虐です。( >□< イヤアアアアアア)←ここ好き
魔物から逃げていく先には魔物を転ばせるための縄が仕掛けられてあり、それを飛び越えます。よく見たらけっこうの高さ(ユウキの身長とほぼ同じ)でやばいです。

クレープ屋で働くリノとシズル、そして暴走状態ペコリーヌ

いつもの恰好とは別に給仕服姿で登場します。ユウキのギルドということでサービス(食べ放題)すると言ってしまい、ペコリーヌがクレープを食いまくります。

 

その様は、某使徒殲滅用の人型兵器を彷彿しました。ペコリーヌが満足するまでクレープを作り続け満身創痍になった2人にユウキが一言 ( = v = b またよろしく)←ここも好き。

シャドウ戦での敗北?

ランドソルでの仮面をつけたシャドウとの闘いではプリンセスストライクが効かない、ユウキのプリンセスナイトの力が不発?もうおしまいかと思いました。

 

そしてキャルを襲ったシャドウの攻撃をペコリーヌが必死に庇ったあとのキャルの一言「もう無理、付き合いきれない」はどういう意味なのか気になります。キャルはカイザーインサイト側でもありユウキたちの仲間でもあります。どちらかを裏切ると予想して続きが気になります。

 

今回は一気にシリアスな展開になったと思います。ラビリスタによってユウキたちは皆助かりましたが、今のままで勝ち目があるのか。。。

 

次回、ユウキの覚醒に期待です。

 

アニメは毎回見てましたが、ゲーム版のプリコネは未プレイです。(シャドバでキャラのカードを使用するのと、youtubeでプリコネキャラの技集を見る程度)

なので、アニメが原作通りなのかどうかよくわからないですが、それでも楽しめます。

次回の予告

アニメ「プリンセスコネクト!Re:Dive」第12話Web予告
ラビリスタの助力によって強大な敵・シャドウXの攻撃を免れたペコリーヌたちは、ラビリスタの能力で作られた仮初めのランドソル王宮へと導かれていた。
宮殿内に飾られたペコリーヌの肖像画に驚くコッコロ。神妙な面持ちで彼女の前に現れたペコリーヌは、これまでずっと胸に秘めてきたある重大な秘密を打ち明けるのだった。

まとめ

今回は、プリコネR12話をまとめました。

 

次回も非常に楽しみですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました