とある科学の超電磁砲のアニメ感想と評価あらすじについてまとめ

とある科学のレールガン アニメ
「とある科学の超電磁砲」(とあるかがくのレールガン)は、『月刊コミック電撃大王』にて、2007年4月号より連載中の作品になります。
アニメは、2009年10月から2010年3月まで2クールで全24話で放送されてました。こちらは、『とある魔術の禁書目録』のスピンオフ作品になっており、メイン主人公は「御坂美琴」の作品になります。
本編のインデックスよりも、レールガンの方が人気があるぐらいです。
今回の記事は、あらすじと感想をまとめましたので、是非視聴の参考にしていただけたらと思います。

とあるシリーズは、全話「U-NEXT」で視聴可能

先に結論から、どこの動画サイトで動画を見ることが出来るかどうかをお伝えしたいと思います。

現在、動画配信されている動画サイトは、「U-NEXT」になります。

最新の配信状況は 公式サイトにてご確認ください。
U-NEXTについて
月額料金 1,990円(税抜
見放題+レンタル+1200ポイント
配信数 180,000本以上
無料トライアル 見放題作品が31日間無料+600円ポイント
画質 フルHD画質
同時視聴 4台まで
リアルタイム配信 あり(FOXチャンネル)
雑誌 70誌以上の無料雑誌を見ることが可能
ダウンロード機能 あり
「U-NEXT」は、最新の映画やドラマやアニメも高画質で広告なしで配信されてますし、雑誌も追加料金なしで見放題の作品があります。
無料期間中に解約した場合は、違約金もなく簡単に解約することが可能です。
勿論、とある魔術の禁書目録シリーズも配信されてます。一番高画質で、無料期間も長いのでオススメです。

アニメ『とある科学の超電磁砲』1期のあらすじ

御坂美琴

とある科学の超電磁砲は、大きく分けて前半(レベルアッパー)、中盤に閑話(スキルアウト)、後半(ポルターガイスト)の三つで構成されています。

レベルアッパー編

メインとなる前半のスキルアッパーはm、能力第一主義の学園都市において、能力は重要視されています。

 

自分の能力が高ければと学戦都市の生徒達が悩む中、ある都市伝説にまつわる話が広まります。

 

その都市伝説こそ「レベルアッパー」になります。

 

これを使えば能力が上がる!とレベルアッパーを求める人が多く、ジャッジメントのオペレーター初春の友人・佐天もレベルアッパーを使用します。

 

その結果、佐天は昏睡状態に。

 

そして御坂は調査を開始します。

 

この黒幕が木山である事を突き止めた御坂は行動を起こすものの、レベルアッパーによってマルチスキルを身に着けた木山で御坂は苦戦するのでした。

スキルアウト編

中盤のスキルアウトはジャッジメント所属の固法先輩の恋バナです。

 

スキルアウトという武装無能者集団が能力者襲撃を行い、その調査に黒子達は乗り出します。

 

するとその調査線上に上がった人物が固法先輩の知り合いで・・という流れになって行きます。

ポルターガイスト編

後半のポルターガイストはレベルアッパー事件の後日談的な感じです。学園都市内で局所的な正体不明の地震が相次ぎます。

地震の正体が「RSPK症候群」だと判明し、初春のルームメイトの春上がその犯人扱いされる事になり、事件の真相を暴こうと御坂達は動き出します。

 

その結果、木原幻生の人体実験で昏睡状態となった「チャイルドエラー」を木山が起こそうとした際に発生した現象であると判明します。

 

そしてその裏でテレスティーナのlv6開発計画を知り、御坂達は行動を介します。

アニメ『とある科学の超電磁砲』1期のレビュー・評価・感想

レベルアッパー

なんといってもレベルアッパー事件が衝撃的でしたね。

 

能力の高い低いが最優先される学園都市において、能力を高めてくれるものがあるとすれば誰もが欲するのは当然です。その欲望を逆手にとるのがレベルアッパー計画だったとは驚きました。

 

でも、よく考えていますよね。

 

能力者は学生ばかりですし、まだまだ精神が不発達な少年少女ばかりです。そんな少年少女が能力を高めてくれるという誘惑に勝てるわけもなく、結果木山の思い通りになってしまうのですから。

 

木山は普段の行動から、常識めいたものは一切ない女性だと考えていたのですけどね。
こういう他人の欲望を理解し、そしてそこへつけこむ行動をとれる人なんだと知ってビックリでした。

 

何せ、人前で堂々と衣服を脱いで下着姿に平気でなるという、常識とはかけ離れた人ですからね。その後、初春の友人佐天がレベルアッパーの被害で昏睡状態となり、御坂も他人事ではいられなくなってしまいます。

御坂vs木山

調査した結果、あの木山が元凶だとわかって御坂vs木山の戦いが始まるわけです。

 

でもこの戦いは凄かったものの、悲しくもありました。まず戦いの凄さですけど、lv5能力者の御坂相手にここまで木山が戦えるとは思ってもみませんでした。

レベルアッパーの恩恵を受け、まさか複数の能力が使えるマルチスキルを体得しているとは。もちろんそれはレベルアッパーを使って昏睡状態になってる能力者の犠牲があってこそですが、ここまで御坂を苦戦させるとは想定外でしたね。

そして悲しいのは、木山がレベルアッパーという外法を用いた理由ですね。木原幻生の実験により、まさかそんな可哀そうな子供達がいたとは。木山なりに苦しむ、そして目覚めない子供達救うべくレベルアッパー計画を行った・・なんとも悲しいです。

私利私欲に走った結果なら、やっちまえ御坂!という気分になれるんでしょうけど。

中盤のスキルアウト編も見所

ジャッジメント

中盤のスキルアウトは固法先輩の恋心にキュンと来ましたね。これを見た時は私も牛乳飲みたい!なんて思ったりもしました。普段は口煩くて堅物の固法先輩が乙女の顔をするなんてね。

閑話なので短い話でしたけど、これはこれで面白かったです。

 

後半のポルターガイストもレベルアッパー関連の後日談という感じで、なんとも物悲しい話でした。

 

ただ、そしてそれを悪用しようとする人達がいるというのにもイラっときましたね。残念だったのは春上さんですね。初春に似て良いキャラクターだったのですけど、これ以降ほとんど登場しなくなりますから。

 

全体を通して面白く感じましたね。lv5能力者・御坂の強さをタップリと堪能出来ましたし、満足出来る作品でした。

アニメ『とある科学の超電磁砲』1期のまとめ

学園都市が舞台となり多数の超能力者が活躍するこの作品です。

 

レベル5の圧倒的能力は、見ていて面白いです。

 

レールガンシリーズだけを見ても面白いので、是非視聴してみてくださいね。

404 NOT FOUND | 無料動画ラボ
動画の視聴方法や作品のレビューをまとめてます

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました