泣けるアニメ映画おすすめランキング!感動出来る名作を集めました

泣けるアニメ映画 アニメ

今回は、泣けるアニメ映画をランキング17位形式で紹介します。

 

本当に感動出来る名作を紹介するだけではなく、視聴の参考にしていただくためにしっかり感想付きで紹介します。

17位『劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ』


ポケモン映画、そして全てのアニメーション映画の中でも、音楽を聞いただけで涙がこみ上げてくるのは、この作品だけです。

おすすめ理由

千年のうち七日間しか目を覚ますことができない、という悲しい設定、そしてその七日感を主人公たちと一緒に、本当に楽しそうに遊びまわるジラーチが、愛おしくて切ないです。

 

また、野心に取り憑かれた敵キャラクターが、自分の幼なじみを失ったことで改心して、主人公たちと協力する場面は熱くも悲しいものがありました。

 

ジラーチが眠りにつくときに子守唄をせがみ、主人公たちが一緒に歌うシーンは、思い出すだけで鳥肌が立ちます。テレビアニメの本編で同じ曲が流れた時、この映画を思い出して涙してしまいました。それくらいに印象深い作品です。

16位:『サマーウォーズ』

「サマーウォーズ」 劇場用予告

 

細田守監督作品の一つです。二回観て二回泣いた作品は、この作品が初めてでした。

 

自分の家族のアバターを賭けて、人工知能ウイルスと花札をするシーンが印象的です。

おすすめ理由

ヒロインが追い詰められ、もう賭けるものがない、ゲームを続けられない、負けてしまう、という場面です。ここで海外のアバターが登場し、「私と私の家族を使ってください」と名乗り出てくると、世界中から続々とアバターが集まってきます。

 

このシーンは、今こうして感想を書いている間も涙が滲んでくるほど、感動してしまう場面でした。「こいこい!!」というヒロインの叫び声とともに、世界中の人々が「こいこい!!」とそれぞれの場所で叫ぶシーンは、世界中が一つになったようで、熱くこみ上げてくる者があります。

 

本当に、何度観ても、思い出すだけでも涙が滲んでしまう映画です。

15位:火垂るの墓

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥5,355 (2020/07/05 12:41:06時点 Amazon調べ-詳細)

戦争によって家族や家を失った二人の兄妹の話です。とてもいい話なのですが、見ると辛く悲しくなるので、見たくない気持ちと見たい気持ちと入れ混じります。

おすすめ理由

戦争がいかに恐ろしいかというのも実感するので、おすすめです。

 

実際に日本で第二次世界大戦が起こったときはこの火垂るの墓の兄妹のように親が亡くなり、家もなくなってどうやって生きていけばいいのかさまよって死んでいった子どもたちはいたでしょう。そう思うと幼い命を奪った戦争が本当に憎くなります。

 

もう二度と会ってはならない戦争。最後にお兄ちゃんは病気の妹のためにありったけのお金で美味しそうなスイカや食べ物を買ってきてくれたところが泣けます。

 

結局妹は食べるか食べないかそんな元気もなく・・お兄ちゃんの愛情と、死んでいった妹を思うと悲しくてしょうがありません。

14位「ハル」

『ハル』 本予告

2013年のアニメ映画です。未来の京都で人間の女のクルミと、ロボットの男、ハルが恋愛をする話です。

 

少女漫画タッチの繊細なキャラクターデザインも見所です。しかし、一番の魅力は後半に行くにつれて明かされていく、様々な衝撃の真実、そしてまさかの結末です。

 

ハルが死んでしまい、ショックを受けているクルミを癒すために作られたロボットのハルが、クルミを癒そうとします。

おすすめ理由

絵がとにかく美しくて、登場人物が美男美女カップル過ぎます。

 

思わずえーっとなってしまうストーリー展開でびっくりしながらも、ウルっとしたのを記憶してます。

 

主題歌もクルミ役の日笠陽子の「終わらない歌」という歌で、きちんとこの映画に沿った歌で、見終わった後、この歌を思わず買ってしまい、聞くたびにこの映画の登場人物を思い出してしまう。

 

だが、ただのイチャイチャ恋愛映画というわけではなく、なかなかえぐいシーンある作品です。

 

怒涛の伏線回収と、すべてを知った主人公の悲しみに、視聴者も涙を流さずにはいられません。近未来設定だからこそ描ける、アンドロイドと人間の絆の物語、そしてアンドロイドに心はあったんだろうか、とつい考えてしまう、意味深な表現。

 

悲しいからこそ心に残る作品です。あまり知名度は高くありませんが、自分で見つけた映画の中でも印象深く、シリーズものでもないのに作品の力がすごいです。

13位「蛍火の社へ」

映画『蛍火の杜へ』予告編

2011年のアニメ映画。原作は緑川ゆきの漫画から。妖怪がいるという山に住む、人に触れられると消えてしまう体を持つ謎の少年と、竹川蛍という女の子が恋に落ちる話です。

おすすめ理由

見た後も一時、涙が止まらなかったのを記憶している。あまりに切なくて悲しくて、でもどこか愛おしい作品です。

 

BGMやストーリー展開や夏の田舎の風景、雰囲気、登場人物たちの様々な感情などが、見事に描写されていて、見ているとギュッと胸が締め付けられてしまいます。

 

順調に愛をはぐくんでいるシーンや笑えるシーンもあったりしてほのぼのもする。44分しかない映画ですが、見る価値は十分にあります。主題歌のおおたか静流の「夏を見ていた」もこの映画にぴったりです。

12位「河童のクウと夏休み」

河童のクゥと夏休み(予告)

2007年のアニメ映画、河童を小学生の男の子が拾い、家に連れ帰り家族と一緒に暮らす話。見た後も思い出してはウルウルしていたのを思い出す。

おすすめ理由

人間の汚さがあまりにもよく表現されていてどこか人間として、罪悪感を感じてしまうほどで、涙なくしては見られないぐらい切ない。

 

とにかく、河童のクウや主人公の少年、少年家族、家族に飼われている犬が可愛らしくって、健気で一気に感情を持っていかれてしまう。

 

風景や、登場人物たちなどの絵もとてもうつくしくて、出演声優たちの演技力、ストーリー構成、BGMなどすべてが素晴らしくて、何一つとしてこの作品には文句はつけられない作品です。

11位「言の葉の庭」

映画『言の葉の庭』予告編映像

 

雨の音と、綺麗な絵柄と、ゆったりと流れる雰囲気がたまらない魅力の映画です。2人の男女が、互いを知らないまま雨宿りの時にだけ二人きりの世界観に浸る。

おすすめ理由

1時間ほどの短い映画ですが、絵、主題歌、ストーリー、声と全てがマッチして何度も見たくなります。

 

大きな出来事があるわけではなく、なんとなく日常が辛くて逃げ出したい二人の心の休まる場所が描かれている梅雨の時期だけの二人の世界。とにかく美しい作品です。

 

彼女の心を表すようにずっと降り続く雨の描写が、どうすればいいか分からず、誰にも助けを求められない彼女の心をよく映しています。

 

高校生の彼の若者らしくない落ち着いた雰囲気と、若者らしく夢を信じて努力できるところが、弱っている彼女の支えとなったのかなと思います。

 

二人が抱き合い、雨がやみ、太陽に照らされる描写は少しの希望を見せてくれて、優しい涙がこぼれる大好きな作品です。

10位『バケモノの子』

「バケモノの子」予告2

 

細川守監督の代表作で、とても人気があります。主人公は引きこもりで、不良のように目つきが悪い少年ですが、バケモノたちが住む世界に入って変わっていきます。

おすすめ理由

生き方、考え方から戦いも熊のバケモノであるクマテツやその仲間たちに教えてもらいます。クマテツは言語能力がなくて、教えることができません。感覚派なのです。

 

しかも頑固者です。しかしながら、主人公である九太は必死に戦い方を覚えて、たくましくなっていきます。いじめっこたちにも勝った九太ですが、その内の一人が闇に落ち、とんでもない大きなバケモノになります。

 

そこで苦戦を強いられますが、クマテツが自分から役に立とうと、神になって九太の武器として生きていくことを決めます。そこが本当に感動しました。頑固者が人助けをするシーンはとても印象的でした。

9位『名探偵コナン 純黒の悪夢』(じゅんこくのナイトメア)

『名探偵コナン 純黒の悪夢(じゅんこくのナイトメア)』予告

 

コナン映画の中でも人気作品の一つだと思います。始まった瞬間から黒ずめのナンバー2のラムの部下と警察とのバトルシーンには迫力があります。

 

コナン映画の予告は、本当に視聴したくなる魅力がありますね。アニメシリーズは、あまり観ていなくても映画だけは、しっかりチェックしてる方も多いんじゃないでしょうか?

おすすめ理由

スパイのデータを持ちさった黒ずくめのメンバーが記憶喪失になりコナンたちと出会います。根はとても優しい女性で、とてもきれいです。

 

少年探偵団と一緒に遊んであげている女性の姿は愛おしく感じさせられます。しかし、最後はみんなを助けるために死んでしまいます。コナンの物語はいつも黒ずくめのメンバーは残酷なメンバーだけだと思っていましたが、本当に優しいくびっくりしました。

 

この作品はコナン映画の中でも一番感動できて、一番泣ける作品だと思います。

8位『風立ちぬ』

The Wind Rises – Official Trailer

 

宮崎駿監督の作品で、とても人気だと思います。昔のゼロ戦を必死になって作る主人公の姿はとてもかっこいいです。

おすすめ理由

しかもイケメンで、ジェントルマンです。しかしながら、ヒロインのナオコさんが、苦しみながら亡くなってしまうのがとても悲しかったです。

 

ジロウのことを必死に愛し、一緒にいるのが何よりも幸せであることが伝わって来ました。だからこそ、病気で苦しんでいる姿はこちらも感情移入してしまいます。

 

ジロウも、もっとナオコさんに付き添ってあげてほしいと思いましたが、戦争なので仕事しなければいけません。しかもトップ技術者なので、即戦力です。

 

愛する人のところにいたいという気持ちがありながらも、仕事をしなければいけない姿には、こちらも泣きたくなります。

7位「おおかみこどもの雨と雪」

映画「おおかみこどもの雨と雪」予告1

おおかみ男と普通の女の子の間に生まれたふたりのおおかみ子供を母親がひとりで育てる話です。

 

この作品で泣けるのは、年を取ってからかなあと思います。

おすすめ理由

大人になると、どうしても母親の花に感情移入してしまいます。

 

初めての子育てだけでも大変なのに、シングルマザーとなり、子供が熱を出して病院を探すシーンなどは、涙なしには見れませんでした。

 

そして、その花の努力が結ばれたのかあるいはそうでないのか、二人の子供、雨と雪は対照的な育ち方をしていきます。雪は活発で、人間として人間界で暮らすように、雨は人見知りで、獣の世界に帰ってしまうように、花は子供が幸せであれば良いと思っていて、二人に好きな道を歩ませます。

 

別れは寂しいものですが、それだけに親子三人で遊び回るシーンが感動的ですね。ぼろぼろ泣きました。私は特に育児に自信がないとき、親子関係で悩んでいる人に是非みてもらいたい映画だと思います。

6位「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ! 戦国大合戦」

「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」 予告編

 

子供向け映画とあなどるなかれ、この作品はクレヨンしんちゃんの中でも一際異色です。

 

しんちゃんの映画は泣ける、という感想はよく聞きますが、私はこの作品の完成度の高さに胸を打たれました。

おすすめ理由

ただ感動するだけではなく、ペーソスとの対照が素晴らしいのです。クレヨンしんちゃんといえば笑い、そこは随所に引き継がれていて、見ていてとても笑わせられるのですが、この物語は全体を通して重いです。

 

テーマも重いですし、結末は非常に考えさせられます。そういった重苦しさを重くさせすぎないようにさせているのが時折はさまれるギャグで、作品が見事に相対化されています。見終わった後、胸にぽっかり穴が開いた思いでした。

 

ラストの解釈は人によると思います。しんちゃんは何を感じたのでしょう。映画史に残る名作です。

5位「クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」

映画『映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』予告編

 

子供用の映画だからとあなどらないでほしい!と訴えたくなるほど感動する映画です。

 

突然野原ひろしがロボになって日常が変わる野原一家ですが、家族の絆、父親の深い愛情を教えてくれる映画です。

おすすめ理由

「家族は、オレが守る!!」ロボとうちゃんの父親としてのかっこいい姿が印象的です。

家庭での居場所がなくて、空しさを感じてるお父さんは特にみてほしいです。

 

ラストシーンは何回みても泣いてしまいます。お父さん以外の方も、小さい頃から汗をたくさんかいて必死に働いているお父さん、家族と子供に愛情を注いできたお父さんに感謝したくなります。

 

クレヨンしんちゃんはギャグアニメですが、映画は良い話が多いので是非おすすめです。

4位「未来のミライ」

「未来のミライ」予告

 

こちらの映画をはじめて見たとき、主人公のくんちゃんと我が子がほぼ同じ年で見ていてほぼ一緒だなぁと思いました。

おすすめ理由

かなり面白く、子育て中の人にはかなりグッと来るかんじがたまりません。

 

突然の妹の出現に戸惑いながら。不思議なことがたまに起こる日常。そして必死に子育てをするパパなどなかなか思い出すと苦しかったり、楽しかったりと投影してしまう映画でした。

 

あまりにもくんちゃんの動きがリアルでそこもかなりグッときたところです。

 

他にもラストまで見ていくと、くんちゃんまでの先祖の人生だったり、両親の人生だったりがあって今の世界があるというところはなかなか素敵な話の持っていき方だな、と思いました。

3位「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!大人帝国の逆襲」

「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」 予告編

クレヨンしんちゃん史上、一番泣ける映画です。昭和のノスタルジックな雰囲気が漂うだけで、何となく泣きたくなるのは何故なのだろう。

 

この映画は幼い頃に始めてみましたが、その当時でも面白くなんだか泣ける映画でした。
なんだか懐かしい風景だったり、なんだか懐かしいしぐさ。

おすすめ理由

自身が目で見たわけではない風景なのにも関わらず、なんだかそれがやけに懐かしく、ラストではかなり泣いてしまいました。

 

子供から大人になって見てから、やはりラストはかなり泣いてしまいました。野原一家がやはり最強で、それがまた素敵な瞬間でした。この映画の悪役の二人はいったいどうなっていくのか、そこを想像するのも楽しいです。

 

なんだか同棲時代みたいな、今の時代にうまく順応できない二人がまたいじらしくて好きでした。

 

もう戻らない古き良き時代をしんちゃんで味わえるなんて最高です。

ひろしの過去のシーンは必見

ひろしの過去の回想シーンも、両親の子供の頃の想いでも、去ってしまった過去を懐かしんで一度戻りたくなる気持ちが良くわかります。

 

でもそれを、しんちゃん達かすかべ防衛隊が、「今も楽しいよ」と必死に大人たちを取り戻そうと頑張る姿に目がうるんでしまいます。

 

野原一家の普段は見えない確実な絆が前面に出て、感動します。普段アニメを見ない大人にこそ見て欲しい、感動必至の映画です。

2位「君の名は。」

「君の名は。」予告2

 

こちらもかなり有名な作品です。はじめて視聴したのはテレビで放映した時でしたが、なかなかアニメ映画とは思えない素晴らしい出来でかなり驚きました。

 

自然描写が美しく、都会の風景や田舎の風景に癒されます。リアリティがあって繊細な映像なのですが、実際の都会や田舎よりも魅力的に描かれています。

おすすめ理由

内容は結構CMなどで大々的に放送されていたので見ていましたが、実際に視聴してみると大人でもかなり引き込まれる描写が多数ありました。

 

こんなに美しいアニメ映画はなかなかないと思います。ラストでは涙が止まらず、少し困りました。そのくらい面白かったです。

 

世界観だったり、リアルな風景だったりと引き込まれる要素ばかりで、本当に面白く泣けてしまう映画でした。

 

大人になるとこんなに純粋に誰かを追いかけることもないので、なんだか懐かしさに涙してしまった部分もありました。そこがまた良かったです。

1位「聲の形」

映画『聲の形』 ロングPV

 

この作品は原作のマンガが大好きで、しかも映画化を請け負ったのが京都アニメーションということで楽しみにしていました。

 

原作とは若干違いがあるのですが、原作の良さを損なうことなく、京アニの美麗なアニメで、多くの人に受け入れられる作品になったのではないかと思います。

 

耳が聞こえない女の子とその女の子をいじめる男の子の恋愛にも似た友情のお話です。女の子をいじめて先生にしかられることをきっかけに、今度は男の子がクラスメートにいじめられるようになり人間不信になってしまいます。

 

高校生になった男の子は手話が出来るようになっていて、そのいじめていた女の子に勇気を持って歩み寄ろうとします。

おすすめ理由

私はいじめの話が嫌いで、いじめっ子といじめられる子が最後は仲良しになるような話は都合が良すぎると思って嫌いでした。でもこの映画はそれだけの映画ではなくて、色々な人間の心理が描かれています。

 

序盤のいじめのシーンなんかは、小学校時代を思い出して胸を痛める人がたくさんいるのではないでしょうか。

 

私は原作を読んだときは硝子はとても強い女の子だと思っていましたが、映画を見て変わりました。彼女も一人の人間なのだと。硝子が自殺しようとした、そのときの精神状態を想像すると、思わず泣けてしまいます。

 

つらくないはずがない。幸せと同時に死を思って何がいけない。私たちは彼女にかける言葉があるでしょうか。ストーリーがエンディングを迎えても、結論は出ません。

 

同情するしかできない私たちの無力さ、そしてそれでも抗おうとする石田のひたむきさは、心にうったえかけるものがあります。

 

感動とも、悲しいとも違う泣き方をして、見終わった後は私も少し今までの行動を変えようと思いました。少しずつ手話を学んでいます。

 

がんばって心を開いて大泣きしている男の子のラストシーンは涙が止まりませんでした。いじめの映画で悲しいから見たくないと思わず、一度みてほしいです。

泣けるアニメ映画おすすめランキングまとめ

今回は、泣けるほど感動出来るアニメ映画をまとめました。

 

どれもおすすめ出来る作品で、映画なら2時間で完結するストーリーになりますので、視聴したことがない作品や久しぶりに観たくなった作品があったら、この機会に視聴みてくださいね。

 

他にもジャンルごとにおすすめ作品をまとめておりますので、気になったジャンルがあれば確認してみてください。

美少女アニメおすすめランキング!可愛いは正義!絶対萌えます
今回は、美少女アニメのおすすめをランキング形式で紹介します。 深夜アニメから様々なジャンルで可愛い女の子キャラが登場するアニメばかりを吟味してます。 視聴の参考にしていただくためにしっかり感想付きで紹介します。 ...
新海誠作品アニメおすすめ人気ランキング!感想付きで徹底紹介します
今回は、「君の名は。」や「天気の子」で凄い人気になった新海誠監督のおすすめアニメ作品をランキング形式で紹介します。 まだ視聴したことがない作品や視聴した人にも納得出来るように感想と理由付きでまとめあげました。 新海誠作品は、...
日常系アニメおすすめランキング!面白い空気感がある作品はこれ
基本的な舞台は仲良し今回は、日常系アニメを個人的ランキングトップ7位でまとめましたので紹介します。 おすすめする理由も付けて解説します。 どれも面白い作品ですので、視聴したことがない作品がありましたら、アニメ視聴...
おすすめアニメ
「おすすめアニメ」の記事一覧です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました